削減できる経営支援|経営支援のシステムマンに助けを求めよう

Technology

環境の為にも

シェアリングエコノミーは現代のトレンド

近年、マスメディア等において話題になっている言葉に、シェアリングエコノミーというものがあります。シェアリングエコノミーとはモノやサービスを個人がそれぞれ所有するのではなく、共有することによってムダを排した経済システムを構築することをいいます。 このシェアリングエコノミーを実現するために設計されたシステムのことをシェアリングシステムといいます。現在、シェアリングシステムはスペースを共有するオフィスシェアリング、時間を共有するワークシェアリングなどとして具体的に運用されていますが、もちろんモノを共有するシステムも存在します。その代表的なものがカーシェアリングです。カーシェアリングはビジネスはもとよりレジャー等にも利用でき、コストの節減にもつながるシェアリングシステムとして大きな注目を集めています。

シェアリングが実現する省エネルギー・環境保護

カーシェアリングは原理的には複数のオーナーが自動車を共有し、各々がスケジュールを調整しながら利用するというものですが、実際には運営会社が所有した車両を会員が共同利用するというスタイルがとられます。そういう意味では従来のレンタカーと基本的には変わりませんが、レンタカーよりも短時間・低料金で利用できるようになっているのが一般的です。標準的な料金設定は時間と距離を組み合わせたもので、15分あたり200円前後、1kmあたり15円前後が平均的な相場です。なお、これ以外に初期費用と月額利用料が別途必要となります。 自動車を個人所有した場合の取得費・維持費等を考えると、シェアリングシステムの中でもカーシェアリングは特に節約効果が大きいものであると言えます。また、ムダな利用を控えるという意識が働くことによって排気ガスを減らし、環境保護に貢献するという効果も期待できます。