削減できる経営支援|経営支援のシステムマンに助けを求めよう

Technology

内容について

シェアリングシステムの上手な利用

自分の車が使えない時や、遠方に出かけた時にとても便利なのが車のシェアリングシステムです。 シェアリングシステムを行っている主な会社の場合、利用するには会員登録やカード発行が必要となります。この初期費用が概ね1000円〜1500円程かかります。 利用料金は、短時間であれば平均的な価格で15分あたり200円くらいになります。長時間になると時間料金以外に距離での追加料金がかかるため、各会社で用意されているプランを利用するのが良いでしょう。 プランは一般的に6時間からあり、4000円前後になるようです。 この金額にはガソリン代や保険料も含まれています。予約した時間を過ぎてしまうことがなければ、追加料金を払うこともありません。

現代のニーズにあわせた形

シェアリングシステムの大きな特徴は、レンタカーと違い短時間でのちょっとした利用ができることです。予約もキャンセルも利用の寸前まで可能なところもあり、使い勝手の良さが何よりの魅力です。 1日で1台の車を比較的多くの人が利用できるため、運営している会社にとっても利益が大きいのです。 また車を日常で使用することの少ない都心部の場合、自家用車を置くスペースに困る場合もあります。そんな時、シェアリングシステムなら決められた駐車場から車を借りることができるのです。 公共の交通機関がとても発達している現代ですが、やはり生活に自動車が必要な時もあります。この現代のニーズに非常に合っているところが、シェアリングシステム最大の特徴と言えるかもしれませんね。